観光スポット

宜野座のいちご園

2017.03.21

2017.12.21


沖縄県北部、宜野座村農業後継者等育成センターのイチゴ農園は12月中旬から5月中旬までイチゴ狩り体験ができます。
かんなひめは、大果品種の「紅ほっぺ」を母親に、酸味が低く糖度の高い促成栽培に適した「さがほのか」を父親としています。
果皮は紅色で果実はやや大きい。
粒がしっかりしていて糖度は収穫期間を通じて高い。
よつぼしは、4つの機関が共同で開発した期待の品種という意味が込められています。
形は比較的整った円錐形が特徴。
適度な食感で酸味は強くなく、高糖度で濃厚な味わい。
「かおりの」は、8品種を基に交配を繰り返して成長した品種です。
果実は大きくやや縦長の円錐形。
酸味が少なくさっぱりとした甘さで、上品な甘い香りが特徴です。
売店では手作りいちごジャムの販売も行っています。
もぎたての完熟イチゴを味わう事ができます。

気に入ったら、いいねお願いします!

宜野座村の新着記事Ginoza's new Posts