伝統・歴史・文化

宮良殿内(みやらどぅんち)

2016.12.13

2018.01.31


宮良殿内は1819年の王朝時代、八重山の頭職にあった宮良親雲上当演(みやらぺーちんとうえん)が、琉球の貴族屋敷を模した建造物である。琉球王府からは、身分不相応として取り壊しを命じられました。しかし、それに屈せず沖縄近世における上流階級の屋敷庭園として保存されている。

気に入ったら、いいねお願いします!

石垣市の新着記事Ishigaki's new Posts