沖縄ニュース

本部町生誕地【上地完文】銅像建立除幕式

2018.04.22

2018.05.15


2018年4月21日㈯に「上地完文銅像建立除幕式」が本部町にある桜の森公園にて行われました。


上地完文(1877~1948)とは、沖縄空手三大流派の1つである「上地流」の開祖で中国の「パンガイヌーン拳法」を基礎として、沖縄空手を世界中に広めた流派として知られています。


生誕地である本部町にて建立され、上地流空手宗家をはじめ各会派の関係者が集いました。

【高良文雄本部町長】

【上地流4代目宗家 上地完尚さん】
この銅像建立は、上地流三代目であ上地完明氏の願いでもあり、昨年11月に建立委員会が発足され今日に至りました。
また、、上地宗家による「三戦(サンチン)」の奉納や各会派による「完子和(カンシワ)」の型が演舞され上地完文氏の偉業を称えました。



銅像は本部町のシンボルとして、さらに沖縄空手会の発展に寄与することを願います。

※銅像の高さは、台座を含めて約4・8メートル

気に入ったら、いいねお願いします!

本部町の新着記事Motobu's new Posts