伝統・歴史・文化

安和のくばのうたき

2016.06.09

2017.09.29


「安和のくばのうたき」は、村の祖先神をまつった御嶽(うたき)です。安和の村の背後にある標高40m位の丘で、この土地の人たちは「くばのうたき」と呼び、神人たちは「ムラヌフサティ」とか「フバヌタキバン」などと呼びます。
聖木と称される、くば(ビロウ)の木は200本あまり群生し、村人の信仰の場となっています。

ナビ誘導アイコンA

気に入ったら、いいねお願いします!

名護市の新着記事Nago's new Posts