伝統・歴史・文化

組踊り・国吉の比屋

2017.10.01

2017.12.21


「国吉の比屋」が登場し組踊の成行を語ります。
悪政を行う「高嶺按司」に民衆の苦しみを直訴し、改めてを求めますが、国吉自身が方免されます。
その結果、首里の「鮫川按司」によって「高嶺按司」は征伐されました。
仇討ちを決意した国吉は戦で行方不明になった高嶺の若按司と姉(うみなり)を探します。
親戚に助けを求めますが、断られ行き場が有りません。
通りかかった「崎本の子」に姉弟は助けられかくまってもらいます。
国吉の比屋は人形売りに扮して姉弟を探し尋ねます。
再開し仇討ちを勧める国吉の比屋を姉弟は思い止まるよう説得します。
鮫川按司を恐れる旧臣らも協力せう、孤立無援の国吉の比屋です。
風の強い晩に、国吉の比屋は一人で「鮫川按司」の城に火攻めを仕掛けます。
孤軍奮闘するも捕らわれてしまいます。
按司の取り調べが続きます。
尋問に「自分は盗人ではなく仇討ちで首を取りに来た」と答える国吉の比屋です。
しかし、若按司姉弟に関しては一切語らない国吉の忠誠心に鮫川按司は心を動かされます。
鮫川按司は「親の罪は子に及ばず、高嶺の若按司に領地を継がせる」とも約束します。
温情ある鮫川按司の配慮に若按司姉弟も国吉の比屋も深く感謝します。

気に入ったら、いいねお願いします!

西原町の新着記事Nishihara's new Posts