観光スポット

慢湖水鳥湿地センター@FMとよみ

2018.06.05

2018.06.18


慢湖水鳥湿地センターは、豊見城市の北側、とよみ大橋の近くにある施設です。

ノハ川と国場川の合流地点にあたる慢湖は、マングローブなどの熱帯、亜熱帯植物が群生し、絶滅危惧種のクロツラヘラサギなど、およそ70種類の渡り鳥が飛来する、ラムサール条約にも登録された貴重な湿地。




都市部でありながら、マングローブの林が広がるという、世界でも珍しい湿地帯です。

その慢湖の調査研究、観察などを行う拠点施設が、この慢湖水鳥湿地センターです。
館内は慢湖の生態系を学べる学習施設となっていて、観察展望台からは、望遠鏡で慢湖の生き物達を観察する事が出来ます。

また展望台だけでなく、マングローブへ続く歩道も整備されており、より近くで動物達を観察する事も楽しみの一つ。


様々な生物を観察できる、豊見城市の大切な学習施設として慢湖水鳥湿地センターは、多くの人たちに愛されています。

豊見城市の貴重な財産である、慢湖を守り育て、そして後世に残していく為に慢湖水鳥湿地センターは、多くの人にその素晴らしさを伝えてくれているのです。

Copyright(C)2016豊見城市 ALL Rights Reserved.
「豊見城(とみぐすく) 空さんぽ」
FMとよみのホームページは ⇒ こちらをクリック

気に入ったら、いいねお願いします!

豊見城市の新着記事Tomigusuku's new Posts