沖縄ニュース

地元の為に地元の方が先生になって教える「まなびフェスタ読谷2018」

2018.02.05

2018.02.15


2018年2月3日・4日に「まなびフェスタ読谷 2018」が読谷村文化センターを会場に開催されました。
「きて、みて、さわって、体験しよう!」を目的に読谷村の企業が集結し、各体験ブースが設けられました。
また、地元の文化や伝統技術に触れることもでき地域交流も盛んに行われました。
読谷村役場前では消防体験も行われ、地域住民と地元企業が協力し合うイベントとなっています。
普段読谷文化センターは、中央公民館的な役割としてサークルなどで集まります。
年に一度発表会があり、普段の活動をこのイベントで先生となって子ども達に伝えていく形になっています。
講師の多くが読谷村出身で、地元の漁師や陶芸家の方が先生となりこの学びフェスタで様々な体験を通して教える側もキャリアアップが出来るイベントです。
その技術を還元することで「地元の為に地元の方が先生になって教える」サイクルを目指しているそうです。

気に入ったら、いいねお願いします!

読谷村の新着記事Yomitan's new Posts