沖縄ニュース

宜野座村松田区 八月十五夜あしび(正日)

2018.10.17

2018.11.08


つくずく まことに感心してしまう「松田区十五夜あしび」
伝統豊年祭なのである

舞台に立つ前には 確かな量の練習が詰まれ 用意と準備がなされている



「雇い主の理解が得られずクビになったさー」と年配の方が
笑いながら話した。練習のため残業をキャンセルしたのか
舞台設営にも現在より時間が要しただろう
本番も「シタク」「正日」「ワカリ」と日数を必要とする



ちなみに今回は 台風接近のため 祭り会場の
アシビナー(遊庭)の舞台は解体され公民館に舞台が変更された

舞台では多様な演目が次々に展開してゆく




各集落の舞台とも楽しさは ひとしおである
それぞれに 足の運びが違い衣装と小道具や飾りが手作りで
味わいが異なる





言葉が伝えられ伝える 教えられて学び 教える

ちなみに 以前は毎年開かれた「十五夜あしび」ですが
現在は2年マールー(1年毎)に行われています。

気に入ったら、いいねお願いします!

宜野座村の新着記事Ginoza's new Posts