伝統・歴史・文化

はいさい!とみぐすく 豊見城のシーサー巡り②@ FMとよみ

2018.11.06

2018.11.08


まだまだ続くシーサー巡り。豊見城を守る村獅子は何を見ているのか。さらにその魅力に迫る。

豊見城市保栄茂のシーサーの魅力。村を守るシーサーと一緒に、魔除けの意味をもつ「石敢當」が設置されている。すごい相乗効果がありそう!!

豊見城市高嶺のシーサーの魅力。顔などの作りが他のシーサーと違う。糸満市武富という集落に向いているそうです。旧暦8月15日になると、ふちゃぎをお供えし集落の安全を祈願するそうです。
武富には面白い行事があった。行事の名前は「シマー」、旧暦10月最後のひのえの日に、字の役員が来て、「メーカッチン」という家の前で山羊汁を振舞う。また拝所にもお供えし、悪い気が入ってこないようにと祈願したそうです。その際、集落の入り口に縄を張り、山羊の骨を下げます。そこに置かれている血の入った入れ物に各家庭から持ってきた魔除けの木を付けて各家の門にさして魔除けにしていた。
現在はやっていません。

その他にも豊見城市のシーサー巡りがありますので、ぜひ散策にきてくださいね!

映像提供:FMとよみ

気に入ったら、いいねお願いします!

豊見城市の新着記事Tomigusuku's new Posts